BLOG

166

こんばんは

ポリんです

前はキッカーカバーについていたからエンジンを
切るのが大変だったの

とゆーか、一度も自分でエンジンきったことなし
誰か来るの待ってます。

だってその周辺はカナリ熱そうだし変なイナバウアーしなきゃならんじゃん。


エンジン位自分できった方がよくない!?

って事で、イグニッションスイッチの場所を変更します

師匠にお願い中



変更場所は、エンジンハンガー
イグニッションの配線を伸ばすだけだから簡単らしい 

出来上がり


おっ!ここなら簡単にエ切れるじゃんか
でもエンジンに近いからお気に入りのカギに付けている肉球キーホルダーはダメみたい





その時ポリんは通勤快速マグザムのエアクリーナー交換をしていました
無事に終了




本日はこれにて
こんばんわ

ポリんです

『前後でかなり焼け色が違う』 かなり前の続きです

スロージェットは30番で一度固定してみました
最初のプラグはこれです
フロント側



リア側



あまり変化がみられないので一度、ニードルをいじくってみましょう
ニードル#97の真ん中でした


ちっさい字だなー
指紋と同じくらいの幅じゃないか


思いっきり段数を一番下にして濃くしてみました



ちょっとぐらい変化あるかな
うわっ リア側真っ黒



フロント側が黒くなったけどやっぱその分、リア側がもっとひどいことに・・・

もっくん『あぁ わからん』って
言いながらニードルの段数を元に戻していました

最終に出した答えはアップスイープマフラーの特性の様でした

色々、勉強したみたいです

因みに又、黙って新しいキャブ購入したようです



本日はこれにて
こんばんわ

ポリんです

ドラッグパイプ用のパンチングバッフル取り付けます
まずはもっくんの車両からスタート!

もともと爪折タイプがついていたのだけど音がなぁ
と思い、もっくんが立ち上がりました
も『あ”~手間やな~』
と一見めんどくさそうですが、顔のぞき込むとニヤニヤ全開
作業好き人間バレてますよ



パンチングバッフルの良い所は

『音質は変えずに音量は下げる』

なんと活気的なバッフルですこと


ほんとはバッフルなしがいい音なんだけど
違反でつかまるの嫌だしこれにしてみました
ゴールデン免許に傷はつけたくないのです


へんなかたちー

少し長いので切り落としました




問題はこれから バッフルを止める穴を開けます
でもマフラーははずしたくない 鉄粉がはいらないように・・・


誰かの靴下貼り付けました



場所を決めて 



穴あけ成功 バッフル装着です


バッフルバッフル!!



どんな音になるのかな たのしみ
エンジン始動!!

??静かになった??わからない でも静かになったことにしよう



直管よりも音質は歯切れがよくなった気がする

結果、パンチングバッフルにしてよかったそうです

ついでにポリんのもつけてもらいました

※音質のクレームは言わないでくださいね
静かになったことに、なったので


本日はこれにて

こんばんは

ポリんです

先日、ようやく納車致しました

オーナーYさんがちょっと試乗 
びっくり ギヤがスムーズに入る


これからお帰り?それともドライブ?









ようやくお手元に戻りましたので
これからは楽しく乗って下さい。

何かあればいつでもご相談お待ちしております★

本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

ようやく待ちに待った試乗です
これまで短ったような、長かったような
これでスムーズにギヤが入ればおけまるです


出発準備中




キック キック キック
足アゲアゲ↑↑




それでは試乗開始です ローギヤはすんなりOK



あっという間に出ていきました
(一回エンストしましたけどそれは内緒)





ようやく帰ってきた
師匠が『ギヤはとてもいい感じ!!でもどこかからカチッカチッ音がする』



原因を探してみると   

オイルタンクとチェーンケースのボルトを止めるの忘れてたぁ



後日、しっかりとめて完了です
Yさんもう終わりましたよ
最後は納車のみとなりました

とゆーことでこのショベルブログもほぼ終了

そこで新たなお悩みを持つ方募集中です
バイクにお困りの事はなんでももっくんと師匠に相談してください!
あなたもこのブログの登場人物になってみませんか?

↓↓↓↓↓GO ニコガク GO
E-MAIL:  shop@gutschrome.info

お待ちしてます



本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

かなり終盤です 修理後のエンジン始動はいつやってもドキドキします

軽く空キックでオイル回して それではエンジン始動タイムスタート
もっくんが蹴っています




軽く加速ポンプ煽ってからキック、キック、キック!!!
苦労するかと思いきや すんなりかかりました


エンジンをかけた後に師匠がクラッチをみています
足でクラッチが切れているか 切れていないかをチェックしています 




ちょっと調整をして さぁ、今回のメインどころ
すんなりギヤが入るかどうか これもドキドキです



1速入れて 恐らく大丈夫っぽい ホッとした瞬間でした




またもっくんが師匠のてっぺんを隠し撮りしています



F岡県のFさん 前回のT-シャツと見比べて下さい
とても似ているんですから(もっくん)



この人後ろ向いたら完全に↑になりますね



師匠のドッペルでした


本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

ミッションオイルの次はエンジンオイル投入
今日は紀信係をやめ、ポリんがお手伝い



こちらもDRAG製 シングル50を3本入れていきます
どんどんオイルタンクがおなかいっぱいになっていきます



ふぅ もう入らない まんぷく



最後にディップスティックを閉めようとしたら
間違ってウィンカーリレー触ってた、ポリん

何してん、と もっくん




本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

今日は待ち待ったミッションオイルを投入します
赤すぎなボトルDRAGの80W-90です



さぁ入れていきましょう



キッカーカバーの横の穴から出てきました
綺麗な黄色、いや緑です 

以前のカレー色がなつかしい



キックを蹴ってオイルを回していきます 足ではなく手ですけどね





おぉ 綺麗なオイルが覗いています




もう少しで終わりだね

本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

あゆ好きを公表した為でしょうか
Yさんから頂いてしまいました!!



コンサートなどは一切行ったことがないので嬉しいです\(^o^)/



曲を聴く時は湘南乃風のように、タオルぶん回した方がいいのでしょうか?
長めですけども




大切にします!ありがとうございます<(_ _)>ペコリ


--------------------------------------------------------------

本題ですが今日は簡単ブログです

バッテリーを取り付け ボディーアースの配線を取り付けていきます
元々、ついていた場所のステー 塗装がのってほとんどアースが取れていません
これで電気の渋滞が起きています 2車線道路なのに最後で1車線に絞り込みみたいな感じです



塗装を削って 2車線道路にしてあげましょう



配線も取り付け完了

それではあゆをON!!



テールライト&ナンバー灯 OK



ヘッドライトもOK
もぐろのドーンです




大成功!

本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

オイルタンクも決まり ミッションの決まり
ようやく大詰めです 頑張っていきましょう

オイルホースを取り付けていきます
長さは元々あったホースを参考にしていきます



大体の場所、長さが決まった所で仮止め ええ感じです



Yさんの希望でクランプはレッドを取寄せました
グッドリッジ製とは高価ですな



フィード 



ベント&リターン



ワンポイントですね


本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

バッテリーのお話です 
偶に質問があるから説明しますね
電解液を入れるタイプのバッテリー 

7Lのユアサです
ユアサのロゴは頭噴火マーク



これが電解液 
絶対デンジャーなので気をつけて下さい
電解液の上についている黒いのはバッテリーの蓋です
※この液体は希硫酸だから取り扱いに気をつけてください
服についたらボロボロになります
もっくんの服やTシャツもひどいことになりました



蓋を外して バッテリーの銀のテープを取り
上からぶっさします
電解液の逆立ちや~



希硫酸をバッテリーが全部飲み干したら
すぐには蓋をしないで少しの間放置

一服でもしててください




科学反応をおこしているのでバッテリーが少し熱くなります
側面を触って熱がとれたら蓋をしてゆっくり1時間ほど初期充電

アムロ行きまーす




これで完成 簡単だけど時間かかるぅ
バッテリーはアタリ、ハズレがあります
このバッテリーはアタリでありますように

本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

もっくんがマフラーを取り付けている間、
師匠がアライメントをやります

アライメントをとる工具 なんか作れそう



まずは前のベルト側から決めていきましょう


逆もみてと・・・ よし!!ミッションの位置はここだな
ベルトの振れ幅は大体1.2センチぐらい



ミッションの位置とベルトの遊びが決まった所で
次は2次チェーン 同じくアライメントをとっています



大体決まった所でチェーンの張り具合
リジッドフレームだから遊びは1センチぐらい
アジャスターで調整します



最後にアクスルシャフトを本締め





ギヤちゃんと入るかな 



終わりです


最後に

通路のカーテンにひっかかって

ポリんの前でつっぱり棒と共に落下

とれてしまいました


※モザイクの奥でめっちゃ笑ってます


もう!びっくりしたなぁ
後でちゃんとつっぱっておいてくださいよ




本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

今日のブログは完結にいきます

オイルタンクとかも終わったのでリアマフラー装着します

液ガスとマフラーガスケットを用意



ヘッド側の方に液ガスを薄く塗って仮止めします



最初はマフラークランプの下に何も巻いていなかったのですが
これではズレてしまうのでフリクションテープを巻いて滑り止めにします



本締めをして終了です



本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

ベルトドライブを組んでいきます
あっ!!でもその前にベアリングサポートのベアリングの交換がありました
メインシャフトのベアリングまでとはいかないけど


まぁまぁOUTでした


せっかくなんで交換しちゃいましょか



はいっ!!!!!プレス!!!!!!!!



3スタッドハブまで組んじゃいました



ベアリングサポートのボルトとカラーは新品を用意し
クラッチハブとベルトも装着





ベルト側完了しました






本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

オイルタンクのカラーとかを作成していきます
元々ついていたオイルタンクのステー どうやって使っていこう

こーゆーのもっくん得意なんですよね、
ちょっと呼んできますわ

ポ『おーい!これ、なんとかしてくれ!』




すぐ取り掛かります
溶接とかなしで切断と研磨で作成していくみたいだ
切断する場所、ペンで印をつけていきます



もっくんが作っている後ろ姿



後ろから同じような体制で撮るポリん篠山

そこに師匠が入って来た

ちょっときまずい



研磨用の歯

も『それ、とって』と言われ

ポ『はいよ』カシャっと撮る

も『違う、手で取って』

ポ『そっちかよー!』今は紀信なんだよー

の写真




とりあえずベース



カラーを削り込んでいきます
ちょっと削っては確認、ちょっと削っては確認の繰り返し
それで出来上がったのはこれ 大変な割にはとても地味です



やはり器用ですな、もっくん



このカラーをオイルタンクとステーの間にいれます




後はボルトを通す所のゴムを作りました
テールランプの上で写真



交互に締めます 締めます 





解りずらいけど完了 全く動きません






地味な作業終了です

本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

今日はようやくフレームにミッションを載せたいと思いますー


おぉ 師匠頑張り中
 

とうとう載りましたね



ミッションプレートのボルトを仮止めしま・・・?
おやっ?

なんてこった ネジ山が壊れ気味です 

問題ありありです
ネジ切りなおします





ようやく載せることが出来たようです
ふー



元々のチェーンは取り付ける為リアタイヤをちょっとだけばらします
キャストホイールだから重い 師匠が持ち上げ、もっくんがカラー押さえてます



アクスルもグリスアップしてたたきいれます
出ました、ウソップハンマー



向こう側にチェーンが



紀信係のポリんはポイントカバー撮影



ちょっと休憩 お夜食です ハイカロリー
もっくんが止まりません



バシッと決めて後、調整するだけ



帰りは雨が降っていたのでカッパを着ました

もちろん、INしたまま帰宅です。

お腹痛くなるのが嫌で家だと何事もこのようなスタイルで育ってきましたので。

えっ!!全然恥ずかしくないですよ
みんなも見慣れてます







本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

久しぶりに発見しました リベラプリモ!!



ベアリングの銀色の所に刻印があります
でも、ダメっだから交換するけどね




シフターシャフトシール打ち込みました



トップキャップを潰しています




後はロータリートップをつけて完成です

完成したのでお立ち台に乗せました 見てやって下さい

ジュリアナ東京だぜー







OKバブリー
かなりの変貌ぶりです


本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

師匠がなぜかこの時期に風邪を引きました
毎日、峠は越えましたって言っています
それ、まだ上り坂ですよ
険しい道のりです

キッカー側ですが写真が5枚しかありません

前にも見せましたがにサビだらけで清掃が出来ないレベルだったので
全部新品に交換しました

キックスタータークランクギヤは軽く面取りをすると
カジリにくくなります ちょっと手を加えてあげましょう



キックスタートラチェットギヤを組み付け



そして面取りしたクランクギヤを装着です



前回、バラバラだったスローアウトベアリングもしっかりと装着
クリップはより外れにくいスナップリングに変更






そういえば、最初に着いてたクリップはどこにいったんだろ

ふしぎです

本日はこれにて

こんばんは


ポリんです

前回の続き始めるよーー


エンドプレー測り終わったギヤたち




ちょっとずつ
ケースの中に帰っていきます



キッカー側



スプロケ側 メインドライブスペーサーとメインシャフトオイルシール



メインドライブギヤシール打ち込み中



カウンターシャフト達もケースに帰っていきます



シグネスゲージで測り中



おっ!!久しぶりに登場 シフターゲージの調整工具
ポリんの時も登場したよね 




師匠は工具マニアです 特に特殊工具

本日はこれにて
こんばんは

ポリんです

もっくんは清掃担当 

師匠は綺麗になったパーツを組立て担当

ポリんは写真家紀信担当で本日の作業開始



かなり綺麗になったやーつ



パーツもほとんど揃いましたよー



ケースにニードルベアリングを圧入するためにトウチで炙っています
炙り・・最近お肉食べてないなー食べたいなー、ハラミ



ジムズの特殊工具を使って圧入します



あっという間に圧入できました



次はメインシャフトのベアリングを圧入します



そしてメインシャフトに組み立てていきます





師匠がまた変な工具持ってきた
ダイヤルゲージを使ってギヤのエンドプレー確認中
ここのギヤのガタが広すぎるとシフターの調整もちゃんとできないんだって
ポリんにはちんぷんかんぷんです



カウンターシャフトとメインドライブギヤも一緒に確認中





ミッションは大変だなぁ

もっくんと師匠が作業してる中
ストロング、プシュ!っと2本目!!

本日はこれにて